広告の「CPM」ってなに?CPCとの違いと計算方法、考え方まとめ

CPM

CPMとは

CPMとは、「Cost Per Mille(コスト・パー・ミル)」の略で、日本語では「インプレッション単価」と言われます。

「Mille」はラテン語で「1,000」という意味。ローマ数字でも、「M」は1,000を表す記号です。つまり、CPMは、1,000インプレッションあたりのコストを表す指標となります。

CPMは、広告にかかった費用÷広告の表示回数×1,000で算出します。

CPMの相場は、広告手法やターゲットによって大きく異なり、10円以下に抑えられるものもあれば、数百円程度になることもあります。

CPCとどう違う?

CPMとよく比較される指標には「CPC」があります。CPCは「Cost Per Click」の略で、「クリック単価」を表します。

CPM課金制(インプレッション課金制)の広告とCPC課金制(クリック課金制)の広告では指標が大きく変わります。

CPM課金の場合は、クリックするしないに関係なく、広告の表示回数に応じて費用が発生します。一方、CPC課金では、どれだけ表示されようと、ユーザーが広告をクリックしない限りは費用が発生しません。

eCPMとは

広告の考え方のひとつに「eCPM」というものがあります。「eCPM」の“e“は「effective」の頭文字で、「事実上の」という意味。

簡単に言うと、CPM課金制の広告ではないときのCPMのことを「eCPM」といいます。eCPMは、CPC課金や成果報酬型の広告の際に、インプレッション単価ではどのぐらいなのかを見るための指標です。

eCPMを算出するときには、比較対象と同じ条件で計算する必要があります。たとえば、今クリック課金制で運用している広告がある場合、「CPC課金制の場合の表示回数1000回あたりの費用」と「eCPMで算出した表示回数1000回あたりの費用」を計算しなければなりません。

eCPMは、複数の広告を実施している際、共通の指標を用いて比較できるように算出したり、CPC課金制からCPM課金制への変更を検討するときなどに使われます。

CPM課金とCPC課金はどっちがいいの?

リスティング広告であれば「CPC課金制」というふうに、ほとんどの場合、広告メニューの課金方法はあらかじめ決まっています。しかし、稀にこちらで課金方法を選べることもあります。その際、CPMかCPCどちらにすれば良いのかという基準には、何があるのでしょうか。

CTRで判断

CPM課金は、クリック数に関係なく表示回数によって費用が発生するため、一般的にCTR(クリック率)の高い広告は、CPM課金制の方がお得になり、CTRが低めならCPC課金制の方が良いと考えられています。

例えば、次のような広告を見てみましょう。

インプレッション数 クリック数 CTR
500,000 2,500 0.5%

CPMもCPCも50円と想定した場合、どちらの方がお得になるでしょうか。


CPM課金制のインプレッション1,000回あたりの広告費

50円

上記の広告結果の場合、CPM課金制だと総額コストは25,000円となります。


CPC課金制のインプレッション1,000回あたりの広告費

1,000×0.5%=5(インプレッション1,000回あたり5回クリックされる)
5×50円=250円

上記の広告結果の場合、CPC課金制だと総額コストは125,000円となります。



このケースでは、CPM課金の方がお得になることがわかりますね。目安となるCPMやCPCの値段を元に、CTRを比較してみることで、広告の効率化を図れる可能性があります。

しかし、単純にCTRだけを見ていると、誤った判断をしかねません。そこで、必ず次項の判断基準も含めて検討しましょう。

CPMは「認知拡大」、CPCは「誘導優先」

実は、CPM課金制とCPC課金制では、広告配信のされ方が微妙に違います。

CPM課金の場合、インプレッション数を最大化させるように最適化していきます。つまり、より多くの人の目に触れることを目的としています。

CPC課金の場合は、クリック数の最大化を目的として最適化するため、クリックしてくれそうな人や場所を自動的に判定して広告が配信されるようになります。

そのため、新商品のプロモーションなど、より多くの人に知らせたい広告ならCPM課金、サイトへの流入を多くしたいならCPC課金が適しているでしょう。

そのほかの指標もあわせて比較する

広告の指標はさまざま。例えば、広告の目的がコンバージョンである場合は、CPA(獲得単価)やコンバージョン数の最適化が第一優先ですよね。

クリック率が高いためにインプレッション課金制に変更したら、CPMは安くなったけどCPCやCPAが高騰してしまった……では本末転倒です。個々の数値にとらわれず、全体を俯瞰して考えて課金方法を決めていくようにしましょう。

CPMを理解して広告の最適化を図ろう

広告の課金方法にはいくつかあり、CPMはそのなかのひとつです。主に大規模なプロモーションなどに適している課金方法なので、コンバージョン目的の広告の場合はCPC課金の方が適している場合が多いでしょう。

しかし、広告技術も日々進化を遂げています。できるだけいろいろな方法を試してみて、その都度検証し、自社に最適な広告運用方法を確立していきましょう。


この記事をシェアする