広告やSNSで使われる「インプレッション」って?

Web業界では、広告やSNSの効果を測る指標として、さまざまな場面で「インプレッション」という用語が出てきます。今回は、このインプレッションについて、用語の定義と数値の見方、考え方について解説します。

インプレッションとは

インプレッション(Impression)は、直訳すると「印象」。

Web業界で使われているインプレッションは、広告やSNSの投稿などが”ユーザーと接触すること”を表します。そして、特定の広告やSNS投稿がユーザーの目に触れた回数のことを「インプレッション数」といいます。

POINT
  • 広告のインプレッション数=広告が表示された回数
  • SNSのインプレッション数=投稿が表示された回数

広告レポートなどでは、「Imp」と略して表記されていることもあります。

インプレッション数とページビュー(PV)数の違い

同じ「表示回数」を表す指標ですが、両者は別物です。

インプレッション数が”広告(投稿)”の表示回数であるのに対し、ページビュー数は、主に”ウェブサイトのページ”の表示回数を表します。

インプレッション数とリーチ数の違い

インプレッション数が「表示回数」を表すのに対し、リーチ数は「表示人数」を表しています。

ひとつの投稿や広告が同じ人に何度も表示されることはよくあることで、「最近Facebookを開くたびに、この広告見るな〜」などと感じたことがある人も多いでしょう。あなたが同じ広告を何度も見ていたとき、インプレッション数は広告を見るたびに加算されていきますが、リーチ数は増えていきません。

例えば、ひとつの広告がAさんに対し5回、Bさんに対し2回表示された場合、インプレッション数は7、リーチ数は2となります。

ちなみに、インプレッションとリーチの関係は、PVとユーザー数の関係と同じ考え方といえます。

使用場所表示回数表示人数
広告・SNSインプレッション数リーチ数
ウェブサイトページビュー数ユーザー数

インプレッションからわかること

インプレッションは、広告などがどれほどユーザーに認知されたかを見ることができます。テレビCMでいうところの「延べ視聴率」のようなものですね。インプレッション数が多いほど、その広告(投稿)はたくさん露出できているといえるでしょう。

しかし、インプレッション数は単に多ければ良いというものではありません。

広告効率を測るためのインプレッションの考え方

インプレッション数は、広告のすべての起点になる数値といえます。それ単体で見るだけではなく、他の数値とあわせてさまざまな角度から評価していくことが重要です。

マス広告と違い、インターネット広告では費用対効果を測るさまざまな指標を見ることができます。広告の最終目的がコンバージョンの場合は、インプレッション数のみならず「クリック率(CTR)」や「コンバージョン率(CVR)」とあわせて確認することを心がけましょう。

まず、インプレッション数とクリック率(CTR)の関係は次の通りです。

CTR=クリック数÷インプレッション数×100(%)

クリック率は、広告を見た人のうち、何人がクリックしたかの割合を示しています。クリック率が低すぎる場合は、インプレッションが無駄に出ていないか、広告文の内容が良くないか、入札単価は適切かなどといった改善策を講じる必要があります。

さらにそこから、クリックした人のうち、コンバージョンまで至った人の割合を示すコンバージョン率(CVR)にも繋がっていきます。

CVR=コンバージョン数÷クリック数×100(%)

インプレッションは広告などのスタート地点。途中経過やゴールの指標とあわせて評価していくことが大切です。

しつこい表示になってない?フリークエンシーとCTRで評価

ひとりに対して同じ広告が何回程度表示されるかを表した指標に「フリークエンシー」と呼ばれるものがあります。

フリークエンシー=インプレッション数÷リーチ数

フリークエンシーを高めると、ユーザーがその広告に対する認知度が高まり、記憶に留まりやすくなる効果が期待できます。しかし、フリークエンシーが高くなりぎると、「あぁ、またこれか……」と、その広告に対するイメージが悪くなり、ユーザーから嫌われてしまう危険性があるのです。

どのぐらいのフリークエンシーが適正かは一概にはいえませんが、それまで好調だったCTRやCVRが急に悪くなったら危険信号。広告文や訴求内容を変えたり、ターゲティングを変えたりすることで、ユーザーを飽きさせない工夫をしていきましょう。

効果的にインプレッションを増やして、成果の最大化を図ろう

インプレッションは、Web集客をするなら必ず押さえておくべき重要な指標です。インプレッション数を始め、さまざまな指標からユーザーの心理をつかみ、目的達成のために成果の最大化を図っていきましょう。


この記事をシェアする