オプトイン・オプトアウトとは?どんな時に使われる?

オプトインとオプトアウトの違い

メールマーケティングを考えている人が押さえておくべき「オプトイン」と「オプトアウト」。用語の定義や両者の違い、使い方などを解説します。

メルマガなどでよく使われる用語「オプトイン」「オプトアウト」

オプトインやオプトアウトという用語は、主にメルマガなどでユーザーの情報の使用するときなどに使われる言葉です。

オプトインとは

Optとは、英語で「選ぶ」「選択する」という意味。Inは「〜に入る」などの意味があります。

つまり、オプトインとは、「企業が行なっているサービスに“入る”ことを“選択します”」という意思表示のこと。またはユーザーに対して許可を求める行動のことを指します。

あなたも、インターネットで商品を購入するとき、項目入力画面の下、完了ボタンを押す直前あたりにある「◯◯からのお知らせメールを受け取る」という感じのチェックボックスを見たことはありませんか?

このような、ユーザーがメルマガ登録のチェックボックスにチェックを入れることや、企業側がメルマガの配信の許可を得るための行為をオプトインと呼びます。

オプトアウトとは

オプトインと対になる言葉として「オプトアウト」があります。

オプトアウトとは、「企業が行なっているサービスから“出る”ことを“選択”」すること。つまり、メールの配信解除などを意味します。

また、受信者の許諾なく配信しているメルマガなどは、「オプトアウトメール」と呼ばれます。メール内には配信解除方法が明記されているので、ユーザー側で配信解除(オプトアウト)設定を行わなければなりません。

知らないうちに法律違反しているかも……?

ユーザーに許諾を得てからメールを配信する方法を「オプトイン方式」、先にメール配信して、不要な場合にユーザーから配信解除設定をしてもらう方法を「オプトアウト方式」といいます。

電子メールが普及し始めたころの日本は「オプトアウト方式」を採用しているところがほとんどでしたが、いまは「オプトイン方式」に変わっているため、メールマーケティングの運用には注意が必要です。

迷惑メールからユーザーを守るために2008年に改正された特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(迷惑メール防止法)によって、現在ではオプトインしたユーザー以外への広告・宣伝メールは禁止されています。オプトアウトメールを送っている人や企業は、この法律に基づき処罰の対象となりますのでご注意ください。

普段何気なく送っているメールも、ポイントを押さえておかなければ大変な事態に発展しかねません。知らなかったでは済まされないので、マーケティングに関する基礎的な法律はきちんと押さえ、事業活動を行っていきましょう。


この記事をシェアする